観葉植物で緑ある豊かな時間を過ごしませんか

病害虫とその対策

  • HOME »
  • 病害虫とその対策

観葉植物・イメイージ

一般的に観葉植物に発生する病害虫は、他の草花に比べると種類も少なく、発生頻度も少ないです。

発生初期に直ぐに処置を行えば特に問題となる事はありませんが、落葉してきたり株に元気が無くなってきてから気づくと手遅れになる場合があります。

また、病害虫も株によって好みの種類があるので同じ種類を数年育てていると、毎年同じ時期に同じ病害虫が発生する事があります。 その時期には株のチェックを念入りにし、早期発見、早期駆除を心がけましょう。

薬剤の散布について

観葉植物に使用される薬剤には、害虫を駆除する「殺虫剤」、病原菌を殺菌する「殺菌剤」、オールマイティーな効果がある、「殺菌殺虫剤」があります。

同じ成分を含んでいても液体や個体等形態の異なる種類があり、 同じ液体でも水に溶かすと白濁する乳剤や、溶かして使用する粉末の水和剤、粒状の粒剤等があります。最近では手軽に散布出来るハンドスプレー剤が豊富になってきています。

薬剤を取り扱う際には使用上の注意をよく読み使用する様にしましょう。

観葉植物に発生しやすい病害虫

観葉植物イメージ

アブラムシ類
発生しやすい種類:ほとんどの種類
被害の見分け方:葉の奇形、新芽が伸びない。モザイク病を媒介したりスス病を併発する。
発生時期:4~6月、9~10月
有効な薬剤:スミチオン乳剤、オルトラマン水和剤、アドマイヤー水和剤、マラソン乳剤等
その他の防除法:株が痛まない程度の勢いのある水で弾き飛ばす。濡らした布や紙で拭き取る。

カイガラムシ類
発生しやすい種類:ほとんどの種類(風通しが悪いと多発する)
被害の見分け方:茎や枝、葉にくっついて汁を吸うので、枯れたり芽が伸びなくなる。ベトついてスス病を併発
発生時期:春から秋
有効な薬剤:スプラサイド乳剤、アクテリック乳剤
その他の防除法:固い殻やロウ物質で覆われていて薬剤が効き難いので、歯ブラシ等で擦り落とすか、爪楊枝等で刺して捕殺する。効果の高い5~9月の幼虫期に薬剤を散布する。

ハダニ類
発生しやすい種類:ほとんどの種類(高温乾燥状態で多発する)
被害の見分け方:葉の裏について汁を吸うので白くカスリ状になる。
発生時期:春から秋
有効な薬剤:エイカロール、ケルセン
その他の防除法:こまめに葉水をかける。クモの巣状の網を張って保湿するか、雨に当てる。濡らした布や紙で拭き取る。

ナメクジ
発生しやすい種類:ほとんどの種類
被害の見分け方:新芽や新葉、新根等柔らかい部分を食害。鉢裏や土中に潜み夜間に活動する
発生時期:周年(特に初夏から秋)
有効な薬剤:ナメキッド、ナメトール
その他の防除法:日没後に捕殺等。

ウドンコ病
発生しやすい種類:ベゴニア、カランコエ 他(高温乾燥期に多発)
被害の見分け方:粉をまぶした様な白い斑点が発生。ひどくなると茶色くなり枯れる。
発生時期:6~10月
有効な薬剤:ミネラシン水和剤、モレスタン水和剤、サンヨール
その他の防除法:患部を切除し、まめに葉水を与えて保湿する。窒素肥料を与えて発生を抑える。

ヨウトウムシ
発生しやすい種類:ハイビスカス 他
被害の見分け方:葉や新芽を食害する
発生時期:春から秋
有効な薬剤:ディプテレックス、カルホス
その他の防除法:捕殺等。

病害虫に間違えられやすい症状とその原因

観葉植物イメージ

症状:下葉が落ちる
原因:植え替えていない、光線不足、肥料不足、水やり不足、水やり過多

症状:葉先が黄色くなる
原因:植え替えていない、空気の乾燥、水やり不足、肥料過多、光線不足

症状:新芽が出ない
原因:植え替えていない、水やり不足、肥料不足、温度不足、空気の乾燥

症状:茎が足れる
原因:水やり不足、光線不足、水やり過多、植え替えていない、肥料不足

症状:葉がだんだん枯れてくる
原因:水やり不足、直射日光に当てた、肥料過多、熱風や冷風に当てた、植え替えていない

 

PAGETOP
Copyright © 観葉植物・種類と育て方 All Rights Reserved.