観葉植物で緑ある豊かな時間を過ごしませんか

ヒポエステス

  • HOME »
  • ヒポエステス

ヒポエステス

ヒポエステス

分類:キツネノマゴ科ヒポエステス属、常緑多年草

原産地:マダガスカル

主にミニ観葉や寄せ植えとして親しまれ、葉に白やピンク、赤色の細かい斑がソバカスの様に入ります。春から夏に茎が立って花が咲くと、大きくなり過ぎ葉の斑が不鮮明になることがあります。伸びた茎はこまめに切ってわき芽を出させると、鮮やかな斑のこんもりと茂った姿を楽しむ事が出来ます。

置き場:半日陰にも置けるが、間延びしないように出来るだけ日光に当てて育てるとよい。

水やり:春から秋には、鉢土の表面が乾いたらたっぷりと与え、冬は控え気味にする。

肥料:春から秋の成長期に、置き肥用の化成肥料を規定量与える。

冬越し:室内の日当たりの良い場所に置き、水の与え過ぎに注意する。

病害虫:ハダニ、カイガラムシ

PAGETOP
Copyright © 観葉植物・種類と育て方 All Rights Reserved.