観葉植物で緑ある豊かな時間を過ごしませんか

観葉植物の冬・夏対策

  • HOME »
  • 観葉植物の冬・夏対策

観葉植物・イメージ観葉植物の冬・夏対策

どの観葉植物も日本の冬の寒さを苦手としています。一部を除いて屋外に置いたままでは冬を越す事はできません。
反対に夏は、高温が好きな植物にとっては過ごしやすい季節となりますが、強い直射日光は葉焼けの原因になるので遮光が必要になります。
そこでこちらのページでは、観葉植物の冬対策と夏対策について考えてみましょう。

■冬対策

窓際に置かない。暖房の風が直接当たらない様にする。棚の上など、空気が暖かくなる場所に置く。

水やりを減らす

気温の低下に伴って徐々に水やりの間隔を広げて、少なくしていった方が、植物の耐久性も高まります。 温度が確保出来ない時に鉢土が湿っていると、根腐れを起こす危険があるので、やり過ぎに注意します。 また、空気の乾燥が激しい日は湿度を好む植物に対して、霧吹きなどで葉水を与えましょう。

室内の置き場所と暖房対策

窓際は外気と同じくらい温度が低下する事があります。寒さに弱い種類は部屋の中央付近に置きましょう。 暖房中は乾燥するので、乾燥が苦手な植物は葉水を与えましょう。暖房を切った後に、与えた葉水が残っていると夜間に葉が痛む事がありますので、水やりは暖房を付けたばかりの時間帯にします。

観葉植物の耐寒温度

それぞれの耐寒温度を把握して適切な場所に置きましょう

■耐寒温度-10℃~0℃の観葉植物

暖地なら屋外でも越冬できる

キダチアロエ、オリヅルラン、コルディリネ、ゴールドクレスト、シェフレラ
ストレリチア、 ソテツ、テーブルヤシ、デュランタ、トックリラン、ハツユキカズラ
ブーゲンビレア、 プミラ、ヘデラ、ベビーティアーズ、ムラサキゴテン
ユッカ、ワイヤープランツ

■耐寒温度3℃~5℃の観葉植物

室内の暖房が入る部屋に置く

アナナス類、アレカヤシ、アロカシア、エスキナンサス、カラジウム、カンノンチク
クリプタンサス、グリーンネックレス、ゲッキツ、ココロバ、コンシンネ、コーヒーノキ
コリウス、シッサス、シダ類、スパティフィラム、ドラセナ、ディジゴセカ、ティランジア
ネオレゲリア、ハイビスカス、パキラ、ヒポエステス、ピレア、フィカス
フィロデンドロン、ブライダルベール、ベゴニア、ペペロミア、ベンジャミン
ポインセチア、ポトス、ホヤ、モンステラ、ヤシ類

■耐寒温度8℃以上の観葉植物

特に寒さに弱いので室内の置き場所に注意する

アカリファ、アグラネオマ、アフェランドラ、アンスリウム、カラテア、クロトン
幸福の木、サンセベリア、シンゴニウム、ストロマンテ、ディフェンバキア
フィットニア、ポリスキアス、マランタ

■夏対策

照り返しを防ぐ為、台などに置く。強光線が苦手なものは直射日光が当たらない場所に置く。冷房機の風が当たらない様にする。

梅雨の時期の注意

梅雨の時期は高い湿度を好む植物は屋外に置いたままでも大丈夫ですが、蒸れ過ぎない様に鉢の間隔をあけて、晴天の日には風が通る様にしましょう。このとき、室内に置いた植物は長期間日が当たらないと 徒長しがちなので肥料は控えめにしましょう。

水は多く与える

各観葉植物の性質によりますが、全般的に多く与えます。 また、7月の天気が良く暑く乾燥している日は、水やりの時に葉や鉢に水をかけて株全体を洗い流す様にすると、 ハダニやカイガラムシなどの害虫予防になる他、溜まった熱を鎮める事にもなります。

最も熱い時期は置き場所に注意する

盛夏の直射日光は強すぎるので、日光を好む植物であっても大きな木の下など、陰が出来る場所に置きます。 ベランダ等コンクリートの照り返しが強い場合には、植物にとって最も過酷な環境になります。 台等を置いて地面から30cmほど離すと照り返しを避ける事が出来ます。

室内の置き場所と冷房対策

冷房が行き届かない締め切った室内では高温になりがちなので、できるだけ窓を開けるなどして風通しをよくしましょう。

PAGETOP
Copyright © 観葉植物・種類と育て方 All Rights Reserved.