観葉植物で緑ある豊かな時間を過ごしませんか

観葉植物のタイプをチェック

  • HOME »
  • 観葉植物のタイプをチェック

観葉植物・イメージ

日本の高温多湿の夏は、観葉植物にとっては適した環境ですが、必ずしも全ての植物が日向を最適としている訳ではありません。

熱帯・亜熱帯のジャングルは木々が茂り、日光が届きにくい場所が沢山あるように、強い直射日光の下に置くと葉が焼けてしまう種類もあります。

日差しの強い夏の間は明るい日陰に移動させてあげるという配慮も必要になってきます。また、冬の寒い時期には室内に移動させ休息をさせてあげるという事も必要です。

観葉植物の原産地を考える

観葉植物・イメージ観葉植物の原産地は、ほとんどが熱帯・亜熱帯地方です。亜熱帯というと、高温多湿の環境を想像しがちですが、その環境は地域により大きく異なるのです。

雨量が多い地域や、雨期と乾季が分かれている地域などがあります。亜熱帯地方は砂漠も含まれているので、乾燥した環境を好む植物もあります。

それぞれの観葉植物によって異なる性質を理解する事が、観葉植物を上手に育てる大きなコツです。日本の気候では、春から秋にかけての高温時によく成長しますが、冬は休眠状態に入ります。

観葉植物・イメージ観葉植物には、 1.日照 2.温度 3.湿度 の3つの条件が健やかに育成するかどうかの大切なポイントになります。

ただし、植物が好む条件はそれぞれ異なるので、それぞれの植物に適した環境が必要です。
育てようとしている植物のタイプや、置き場所の日照条件事前に調べ、上手に育成させましょう。

育成期と休眠期で日光の当て方を変える

観葉植物・イメージ緑は春から秋にかけて育つので、この期間はなるべく日光に当てますが、真夏の直射日光に長時間当てると葉焼けを起こしてしまうので日光の強さや当てる時間をよく確認します。

また、冬はほとんど成長しない休眠期に入るので 室内に移動させますが、暗い日陰に置いて徒長しないようになるべく日が当たる場所に置きましょう。

観葉植物が好む光の強弱

» 強い光(日なた)を好む観葉植物

» 中程度(半日陰)を好む観葉植物

» 弱い光(明るい日陰)を好む観葉植物

PAGETOP
Copyright © 観葉植物・種類と育て方 All Rights Reserved.