観葉植物で緑ある豊かな時間を過ごしませんか

観葉植物に発生しやすい病害虫

  • HOME »
  • 観葉植物に発生しやすい病害虫

観葉植物に発生しやすい病害虫

観葉植物イメージ

アブラムシ類
発生しやすい種類:ほとんどの種類
被害の見分け方:葉の奇形、新芽が伸びない。モザイク病を媒介したりスス病を併発する。
発生時期:4~6月、9~10月
有効な薬剤:スミチオン乳剤、オルトラマン水和剤、アドマイヤー水和剤、マラソン乳剤等
その他の防除法:株が痛まない程度の勢いのある水で弾き飛ばす。濡らした布や紙で拭き取る。

カイガラムシ類
発生しやすい種類:ほとんどの種類(風通しが悪いと多発する)
被害の見分け方:茎や枝、葉にくっついて汁を吸うので、枯れたり芽が伸びなくなる。ベトついてスス病を併発
発生時期:春から秋
有効な薬剤:スプラサイド乳剤、アクテリック乳剤
その他の防除法:固い殻やロウ物質で覆われていて薬剤が効き難いので、歯ブラシ等で擦り落とすか、爪楊枝等で刺して捕殺する。効果の高い5~9月の幼虫期に薬剤を散布する。

ハダニ類
発生しやすい種類:ほとんどの種類(高温乾燥状態で多発する)
被害の見分け方:葉の裏について汁を吸うので白くカスリ状になる。
発生時期:春から秋
有効な薬剤:エイカロール、ケルセン
その他の防除法:こまめに葉水をかける。クモの巣状の網を張って保湿するか、雨に当てる。濡らした布や紙で拭き取る。

ナメクジ
発生しやすい種類:ほとんどの種類
被害の見分け方:新芽や新葉、新根等柔らかい部分を食害。鉢裏や土中に潜み夜間に活動する
発生時期:周年(特に初夏から秋)
有効な薬剤:ナメキッド、ナメトール
その他の防除法:日没後に捕殺等。

ウドンコ病
発生しやすい種類:ベゴニア、カランコエ 他(高温乾燥期に多発)
被害の見分け方:粉をまぶした様な白い斑点が発生。ひどくなると茶色くなり枯れる。
発生時期:6~10月
有効な薬剤:ミネラシン水和剤、モレスタン水和剤、サンヨール
その他の防除法:患部を切除し、まめに葉水を与えて保湿する。窒素肥料を与えて発生を抑える。

ヨウトウムシ
発生しやすい種類:ハイビスカス 他
被害の見分け方:葉や新芽を食害する
発生時期:春から秋
有効な薬剤:ディプテレックス、カルホス
その他の防除法:捕殺等。

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © 観葉植物・種類と育て方 All Rights Reserved.