季節別管理法と選び方のポイント

選び方のポイント

  • HOME »
  • 選び方のポイント

胡蝶蘭・イメージ今日、胡蝶蘭は品種改良によりたくさんの種類が生まれており、どういった点をポイントに選べば良いか分からない方も 多いと思います。このページでは胡蝶蘭の選び方のポイントについて取り上げていきたいと思います。

一般的な胡蝶蘭の場合ですと、胡蝶蘭一輪一輪の大きさと、茎1本に付いている輪数で見た目にも大きな違いが出ます。 胡蝶蘭一輪一輪の花の大きさが大きいほど同じ輪数でもボリューム感が出て、高級感が増します。

次に茎1本についている輪数ですが、沢山の輪数をつけている茎はやはりそれだけでボリューム感、高級感が断然違います。 そして、1茎に付いている輪数が多ければ多いほど価値があり、また花弁に厚みと張りがある物が胡蝶蘭としては良いと言われております。

園芸店やフラワーショップで購入するにあたって気を付ける点は、冬から早春にかけての入手です。 この頃は、花付き株を飾ってある園芸店などの店内温度が低い事がある為、株は温度不足で傷んでいる場合があります。

株は元気そうに見えても、根が傷んでいると入手して1~2ヵ月くらいで弱ってしまいます。 その他の時期ではまず心配はありません。

冬の時期に入手する場合、まず根をしっかりと見て、次に葉の表面を見ます。 つやがあり、しわが無ければ元気な株と言えます。また、葉が水平よりやや上を向いている株が元気な株です。

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © 胡蝶蘭の育て方 All Rights Reserved.