季節別管理法と選び方のポイント

秋の管理方法

  • HOME »
  • 秋の管理方法

胡蝶蘭・イメージ夏から冬の掛け橋となるこの季節は大変重要で、この秋の管理次第で、冬をいかに元気に過ごせるかどうかが左右されます。

室内への取り入れは、10月に入ると夜の温度も下がって来ます。いつ室内に取り入れたら良いか気になる所です。

目安は温度です。高い温度を好む洋ランで、最低気温が18度あれば冬でも成長します。屋外で育てていた株は、最低気温が 18度を割る頃から、室内に取り入れます。

置き場所ですが、室内に移した株は、レースのカーテン越しの日光が毎日5~6時間当たる所に置きます。 こうした場所だと花つきも良くなる様です。また、室内では晴れた日中は高温になるので、窓を開けて換気をします。

水やりは、植え込み材の表面が乾いたら与えます。室内では風通しも悪く、気温も下がってくるので鉢内の乾きが遅くなります。
水やりの目安として、水を含んだ鉢の重さと、乾いた時の鉢の重さとを手で持った感覚で覚えておくと便利です。

水やりは、夜間の温度が下がってきたら少しづつ少なくします。この水やりが、秋の管理のポイントです。

肥料は10月に入り、最低気温が15度を割るようになったら、一切与えないようにしましょう。根腐れを起こし、冬越しが困難になってしまう 場合があります。春、暖かくなるまで待ちましょう。

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © 胡蝶蘭の育て方 All Rights Reserved.