季節別管理法と選び方のポイント

水やり管理の基本

  • HOME »
  • 水やり管理の基本

胡蝶蘭・イメージ水やりは非常に大切な作業の一つでこれを行わないと株は干からびてしまいます。

しかし、何日に一回と決めるもの良くなく、どの植物でも同じですが成長活動している間は、自分でどんどん水を吸うので、 自然と鉢の中に水分は無くなり、用土の表面から乾いてきます。

そこでこの乾きを見定めて行うのが、水やり管理の基本です。 鉢の乾き具合は日によって違ってきます。

例えば雨の日は葉からの蒸散は少ないので、根もあまり水を吸わず、鉢内の水分は 沢山残っている。

これに対し、天気が良く、湿度の低い日には、水分の散失が早いので乾きやすいです。何日に一回ではなく鉢内の 乾き具合に注意すると良いでしょう。

胡蝶蘭のギフト用鉢植えは一つの鉢に何本かの花茎があり、花が多く並んでいます。

鉢を見ると、葉が鉢を覆い隠すくらいに沢山ついているので、これを見るととても多くの水を吸う植物のように 思い、毎日の水やりをする人がいるようですが、これは株にとって非常に良くありません。

特に冬の暖房を止めた後は室温 の低下より、寒さの害を受け易い為です。

この時期、開花中の株は、成長をひと休みしているので、伸び盛りの夏と違い水の吸い方もあまり良くありません。それなのに、どんどん水を与えては根も困ってしまいます。

植えてある水苔が乾いたのを 見てから与えたい。

一回でも株を枯らした経験があると、今度は水をやらなくなる人がいるようですが、その結果、株は元気さを失い 花も早くしおれてしまい、失敗するケースがあります。

水のやり過ぎは根を枯らすので、以降は水を吸えなくなり、 その結果、葉も黄ばんで落ちてしまいます。こうした経験を一回でも味わうと、以降は水やり恐くなるものです。

もともと、胡蝶蘭は厚みのある葉を持ち、中に養分を蓄えてあるので、15日や20日間は生活できる仕組みを持っています。 そこで水やりしなくて良いと思い込んでしまい、最終的には株を枯らしてしまいます。

水をやりすぎて株を枯らした経験から、水を与えなくなる人がいる反面、葉に霧を毎日かけているという人もいるそうです。

葉に霧を吹くとその時は水分が表面にかかって、みずみずしい姿となり、株の為に良いと思われがちですが、 しばらくすると、葉は元の色に戻っているので与えた水を吸ったと考え易いですが、与えた霧水は自然に蒸発しただけで、 全て吸った訳ではありません。

これを繰り返していると、葉はしおれ始めます。やはり根からの水分補給を考える方が自然と言えます。

水やりは面倒だし、忘れてしまっても困ります。そこで大きな鉢皿に水を張り、この中に鉢を置き、鉢の高さの 1/4くらいが水に浸かるくらいにすればどうかと考えます。

実行してみると、一週間くらいは何でもない。水やりの手間が省け、 便利と思いがちですが、少し考えてみましょう。

確かに夏の間数日間留守をする時には便利な方法ですが、夏の間は成長期なので、 少々根を水につけすぎても根は傷まないが、冬のように成長休止時期にこれを行うと根を傷めます。また、夏でも10~15 日と続けると根を傷める原因となります。

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © 胡蝶蘭の育て方 All Rights Reserved.