季節別管理法と選び方のポイント

花を咲かせるコツ

  • HOME »
  • 花を咲かせるコツ

胡蝶蘭・イメージ胡蝶蘭の花を毎年咲かせたい時には、他の洋ランとの違いを知り育てる様にすると良いでしょう。

大部分の胡蝶蘭は、生まれ故郷がフィリピン、インドネシア等の熱帯圏であり、さらに高さ300メートル以下の地域か、 これに近い環境の場所に生えている樹に着生しています。

この付近は十分な温度と湿度がある事も覚えておきたい。

これを日本での気候にあてはめると関東、関西、中国、九州、沖縄等でいえば、5月中頃から10月上旬頃までの温度や 日照量が、やや原産地と似ており、自然に良く育つ期間となります。

この時期は同時に胡蝶蘭にとっては成長期にもあたるので、この期間中に体力を作ったり、体の充実度を増やすようにすると、 発芽も自然にしやすくなります。これに対して、冬になると低温、冷たい風といった胡蝶蘭にとってのマイナスの条件 しかないので、寒さにあてず、株の健康条件を守って冬越しさせないと開花は難しくなります。

こうしたことから、鹿児島県南方の島々や沖縄では、原産地の条件と気候が似ている所が多いので、どちらかといえば 、胡蝶蘭は育てやすい洋ランのひとつです。

また、北海道では屋外で栽培する期間は短くなりますが、冬の間は夜も暖房を し続ける事が多い為、20度くらいの室温を保つ家庭では扱い易い洋ランとなります。

逆に冬の夜に暖房を止めてしまう地域では、明け方の低温が5度にもなると寒さを受けて、生育不良や株を寒さで枯らしてしまいます。
したがって、胡蝶蘭の育成ポイントは冬越しが非常に大切となります。

胡蝶蘭・イメージ成長期の初期は5月中旬~下旬、屋外でバラの花が盛んに咲き始める頃からスタートするので、この時期から屋外でする事とし、 40~50パーセント遮光した日光が毎日5~6時間当たる所に置くと良いでしょう。一年中室内で栽培するのは、日光不足、 通風不足となり、あまり条件が良くないのでなるべくなら避けた方が良いでしょう。
ただし、早く屋外に出すと温度が低い為、育成不良となり易い。

次に成長期には肥料を与えて大きく育てるようにする。まず1000倍に溶かした液肥を毎週1回、6月から10月中旬頃まで与え続ける。 ただし、これだけではもちろん足りないので、7月上旬頃、通常の化成肥料を与えるが、初めてならば化成肥料はこれ一回にとどめて 様子を見ましょう。

次の年からは6月下旬、そして7月の中旬の2回与えるようにすると良い。水は、水苔の表面が乾いて白くなったら与えると良いでしょう。

梅雨の時期には、株の上からビニールをかけて、冷やしたり冷たい 雨が当たらないようにすると良い。こうすると、7月始めのころから株の中央部分、葉が左右に分かれている所あたりから新芽が出て来ると同時に 白い根が株元から伸びて来るようになる。

秋まではこのままにし、最低気温が15度を割る頃からは室内に取り入れて管理を別にする。 肥料は一切与えず、水やりは水苔の表面が乾いたときのみ与える。

花芽は11月から12月にかけ、株の左から右の葉の上から数えて2枚目の下あたりから出て来る。新芽も出て来るので両者は見分けにくいが 直立している茎から出て、そのまま緑色をしていれば花芽、最初は緑で途中から白くなるのは根です。 どちらも折らずに自然に育てるようにしましょう。

冬の間は夜の温度を少しでも高く保つようにしないと花芽は伸びて来ないでしょう。 日中、いくら日が差していて暖かくても、夜から明け方にかけて5度かそれ以下になると、株は寒さで傷み 花芽も枯れてしまうでしょう。

明け方に10度あれば花芽も安全ですが、開花は春の終り頃になるでしょう。

明け方15度の時に花咲き、それ以上あると早春の開花といったように、冬の夜から明け方にかけての温度の高低が開花期を左右します。

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © 胡蝶蘭の育て方 All Rights Reserved.