季節別管理法と選び方のポイント

育成サイクル

  • HOME »
  • 育成サイクル

胡蝶蘭・イメージ胡蝶蘭は1年中育成、開花している様に思われますが、実際には成長期と休止期がハッキリしている植物です。

育成期間中か否かは、気温や日照時間等で左右されるので、胡蝶蘭が年間を通して、どの様に育成していくかを知り、 変化に応じた手入れを行う事で花芽も確実に出て来ます。

四季と共に変化していく気候と株の成長具合都の関係を 育成サイクルと呼び、まずこれを知ってから栽培を始める様にしましょう。

初夏:株の中心から新芽が顔を出し新根が出る

夏~秋:新芽が良く伸びる

初冬~冬:花芽が上から2枚目の付け根部分から顔を出す

春:花茎が良く伸び、やがて開花する

胡蝶蘭の株が冬の休眠期から目覚めるのは初夏の頃です。胡蝶蘭は秋の終わり頃から成長を止め、その後、 春になっても休眠期が続き、気温が20度以上になる頃にようやく目覚めます。新しい成長は株元から新芽が出て来る事で確認出来ます。

気候の条件や地域により、若干ばらつきはありますが、5月から6月にかけて新芽が出て来て成長が始まります。
7月以降、10月上旬までの間は新しい葉が顔を出し、新芽は伸び株が大きくなる時です。この成長期間中に新しい葉が2枚出れば 順調に育成しているでしょう。

そして秋が終る頃、元気良く伸びていた葉や根の成長がにぶってきます。この頃になると成長期も終りになるので水やりの方法も変える必要があります。

花芽が出るのが11月から12月になるのでこの頃には休眠期に入ります。冬から春の間には休眠期に入るので花芽は伸びません。
株は少し弱り、下の葉から黄ばみ出し春頃には1、2枚枯れるでしょう。

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © 胡蝶蘭の育て方 All Rights Reserved.