季節別管理法と選び方のポイント

胡蝶蘭の育て方

胡蝶蘭(コチョウラン)は、優美な花の姿が魅力的な洋ランで、高級ギフトとして、年間を通して多く出回っています。
“胡蝶蘭”は和名で、学名はファレノプシス。洋ランの一種で、正しくはラン科ファレノプシス属(Phalae-Nopsis)で、略号はPhalです。なお、ファレノプシスの意味は「蝶のような」で、その名の通り花の咲いている姿が蝶に似ている事から名付けられました。花言葉は、白は「清純」ピンクは「貴方を愛します」です。

主な原産地は、フィリピン、インドネシア、台湾、ミャンマー、インド北部等です。一般的に多く出回っている 大輪系胡蝶蘭はフィリピン、インドネシア原産のアフロディテやアマビリスという原種を元に作り出されています。

胡蝶蘭は一年中園芸店等で出回っている為、四季咲き性の花の様に思われがちですが、家庭で育てた場合、年に1回春から秋にかけて咲くだけで 秋や冬の間に開花する事はありません。

生産者により温室内の温度調節をし開花時期を人為的に変えて開花させているので一年中の出荷が可能となります。
大輪系胡蝶蘭の故郷、フィリピン、インドネシアでは海抜300メートル以下の谷間に生えている木に着生している事が多く、高温多湿の気候が続いています。

日本の5月から10月頃までは産まれ故郷の環境と似ています。しかし、現地では年間を通して数カ月だけ雨の少ない時期があり、この時期には胡蝶蘭は葉の中に溜め込んだ水分で生活しており成長を止めています。再び雨期が来ると根は水を吸いはじめ葉が厚くなった後に開花します。

スポンサードリンク

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
PAGETOP
Copyright © 胡蝶蘭の育て方 All Rights Reserved.