観葉植物で緑ある豊かな時間を過ごしませんか

シペラス

  • HOME »
  • シペラス

シペラス

シペラス

分類:カヤツリグサ科シペラス属、常緑多年草

原産地:北アフリカ原産

湿地に育成する植物なので、池などに鉢を沈めるか、穴のない容器に植えて、水を溜めた状態で栽培します。茎の先端につく葉がしだれて広がり、夏に涼しさを演出するには最適です。大型で、高さ2メートル以上にもなりますが、最近は同じ仲間で高さ1メートル程のシュロガヤツリや高さ20~30センチで小鉢向きのアルボストリアツスも流通しています。

置き場:できるだけ日当たりの良い場所に置く。風が強いと茎が折れる事があるので注意する。

水やり:湿地の植物なので、春から秋は水槽などに鉢をつけて栽培する。

肥料:春から秋の成長期に、置き肥用の化成肥料を規定量与える。

冬越し:室内の日当たりによい場所に置く。水槽から鉢を出し、鉢土が乾いたら水を与える。

病害虫:新芽や茎の付け根にカイガラムシが発生する事がある。

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © 観葉植物・種類と育て方 All Rights Reserved.