観葉植物で緑ある豊かな時間を過ごしませんか

観葉植物の水やり管理

  • HOME »
  • 観葉植物の水やり管理

観葉植物・イメージ観葉植物の水やり管理

観葉植物も他の植物と同様に、水やりは栽培上の大きなポイントとなります。
植物を栽培していて枯らせてしまう場合の多くは水やりの方法が適切でない場合がほとんどです。

観葉植物の種類や用土、季節や天候、 鉢の種類や置き場所等により水やりの方法は異なってきます。
水やりの方法が適切で無いと、植物が弱ってしまったり、最悪は枯れてしまう原因となりかねません。 植物を健康で健やかに美しく育てる為に、水やりの際に気をつけるべきポイントを確認してみましょう。

観葉植物全体に与える

観葉植物は草花と違い多湿を好む為、株の上から植物全体に水を与えましょう。
鉢数が多い場合はホースの先にはす口をつけて、雨状に水をやったり手の平でホースの水を散らして与えましょう。
ホースからそのまま水を与えると鉢土が飛んで下葉を汚し用土も減り、植物を傷める原因となります。

たっぷり与えましょう

水を与える時は、鉢の底から水が流れてくる位たっぷりと与えましょう。
そうする事により鉢の中の古い空気が押し出され新鮮な空気が水と一緒に入る事になります。 また、中途半端な水やりは鉢土全体に水が行き渡らず、この状態が繰り返されると一部の根が枯死し、植物を傷めてしまいます。
逆に鉢底に鉢皿を置いてあり、常に水が溜まっている状態だと根がいつもジクジクして 根腐れを起こす原因となってしまいます。水やりの後は鉢皿に溜まった水は必ず捨てるようにしましょう。

観葉植物・イメージ鉢の表土が乾いたら与える

水を与える間隔は、何日に一回というのではなく鉢土の乾き具合によって行いましょう。
種類によって夏には一日2回与えたり、冬の間は全く水を与えなくて良い物もあります。置き場所によっても異なります。
そこで、一般的には鉢土の表面が白く乾いてから与えると考えれば良いでしょう。

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © 観葉植物・種類と育て方 All Rights Reserved.