観葉植物で緑ある豊かな時間を過ごしませんか

観葉植物と室内で上手に付き合う為に

観葉植物・イメージ観葉植物は癒しの空間と時にスタイリッシュな雰囲気を与えてくれます。

リラクゼーションの効果があるために、家庭、飲食店等の店舗、オフィスなどにインテリアとして置かれている事が多いですが、その多くが熱帯・亜熱帯原産の植物のため、冬は室外に置かず、室内の温度も氷点下にならない程度にする必要があります。

当サイトでは種類によって異なる観葉植物の育て方をご紹介しています。それぞれの植物に合った適切な条件で健やかに育成させましょう。

観葉植物の冬・夏対策
どの観葉植物も日本の冬の寒さを苦手としています。一部の種類を除いて屋外に置いたままでは冬を越す事はできません。
逆に夏は、高温が好きな植物にとっては過ごしやすい季節となりますが、強い直射日光は葉焼けの原因になるので遮光が必要になります。
» 詳しくはこちら

観葉植物の肥料について
観葉植物では肥料をそれほど必要としないのが一般的ですが、肥料を与えたい時には固形肥料の置き肥を利用する様にしましょう。
与える時期については、植物の成長する時期(5~9月頃)に市販の家庭園芸用肥料を処方通りに与える様にして下さい。また休眠期の冬には肥料を与えない様に注意して下さい。
» 詳しくはこちら

病害虫とその対策
一般的に観葉植物に発生する病害虫は、他の草花に比べると種類も少なく、発生頻度も少ないです。
発生初期に直ぐに処置を行えば特に問題となる事はありませんが、落葉してきたり株に元気が無くなってきてから気づくと手遅れになる場合があります。
» 詳しくはこちら

種類別おすすめ観葉植物

スポンサードリンク

PAGETOP
Copyright © 観葉植物・種類と育て方 All Rights Reserved.